築35年が経って、空家状態となっていたため、借家としてリフォームすることになりました。
内外装を一新し、若者世代への入居が可能となる様、間取りを変え、新築二世へとよみがえらせようとしています。

外 観

N 外観

既存の外壁に防火サイディングを取り付け、外壁補強をしました。また、玄関屋根柱と出窓、外壁コーナー部分の防火サイディングの色を変えることにより外観にアクセントを付けました。

 
玄 関

N 玄関

以前は、玄関と和室が障子一枚で隔てられていましたが、新たに、障子部分に壁を設けることによりプライバシーの守られる部屋を増やすことができました。

 

リビング

N リビング

日当たりの良い広縁と客間を分断せず、一つの空間とすることで明るく広々としたリビングとなりました。

 
台 所

N キッチン

シート貼りの床を板張りにし、木目調のキッチンに入れ替え統一感を出しました。また、なるべくゆったりとしたスペースで家族団らんを愉しんでもらいたいと思い、キッチンを以前より小さいサイズにし、シンク左側に冷蔵庫スペースを確保しました。

 

浴 室

N bathroom

改修前の浴室には、大きな窓がありましたが、窓の小さなユニットバスを取り付けることにより、冬場の冷え対策としました。

 

 

現況 改修プラン
改修前   改修後

ポイント元々の日当たりの良さを生かすため、リビングの掃き出しサッシは大きなものを取り付け、自然光を最大限に室内へ取り込める様にしました。

お客様の声祖母の思い出が残る家をそのまま空家にしておくことに寂しさを感じ、リフォームして借家にしようと思い、工事をお願いしました。
初めてのことだったので、間取りの変更を提案されてもピンときませんでした。そして、内装やキッチン、外壁の色を提案されても、全体像を想像することは難しかったです。
でも、完成した祖母の家を見たとき、最初に「住みたい」と思ったのが正直な感想でした。
明るく綺麗な家に生まれ変わったこと、そして祖母が住んでいたころのままの部分も生かされていることに大満足しています。
また、リビングの大きなサッシにより、快適なリビングになると思います。